まっすぐ進む手立てが用意!理学療法士になるには専門学校へ入学

自分に合う学校を選ぶには

理学療法士の資格取得を目指すためにどの専門学校に通おうか迷う場合は、オープンキャンパスに参加して実習のカリキュラム制度やどのような環境なのかを実際に体験しながら調べるのが、選択するのに良い方法となります。

医療に精通した人材になる

婦人

理学の道を選ぶポイント

理学療法士になるための方法のうちの1つに、専門学校に通うことが挙げられます。4年制大学と違って、入学するための方法やカリキュラム、進路実現に関して様々な点で異なります。専門学校の特長として、3年制と4年制が存在します。4年制は、通常の大学生と学ぶことがほとんど同じで、変わる点はあまりありません。カリキュラムもほぼ同じで、違う点があるとすれば、多少就職に有利です。3年制大学では、1年次の早い段階から就職を見据えた実習が入ってきて、学習内容が充実しています。年数の違いで何よりも大きいのが、学費です。専門学校では、1年間の違いで学費に大きく差が生じます。将来理学療法士を目指すにあたって、なるべく早く学費も抑えて学びたい人には合致しています。また、大学ではなく専門学校に通うメリットとしては、専門科目のみを重点的に学べるということです。普通の大学では、就職の際に直接関わる科目以外も必修である場合がほとんどです。しかし、それでは単位を取るだけの勉強といった、表面上での学習がどうしても生まれてしまいます。専門学校であれば、自分の夢に向かってまっすぐ進む手立てが用意されています。そのため、理学療法士には直接必要ない講義をとって聞き流す、といった学生側と教授側の溝もできません。また、専門学校であれば将来の職業が明確であるため、学生の意志がぶれません。同じ理学療法士を目指す仲間とともに自己を高めていくことができるので、チームワークも自然と生まれるのです。

どの学校で学ぶか考える

メンズ

理学療法士になるために大学で学ぼうか専門学校で学ぼうか迷う人はいますが、どちらに通おうが就職率はさほど変わりはありません。その違いは学士を取るための勉強となるか、理学療法士のスキルを学ぶだけのみの勉強となるかの違いなのです。

リハビリに欠かせません

勉強

理学療法士は、基本的な動作をスムーズに行えるようにするためサポートする役目で、リハビリに欠かせない人材です。理学療法士になるためには国家資格を取得しておく必要があります。専門学校で学ぶことができますが、専門学校によって就職しやすい病院が異なるので、予め卒業生の就職先を確認しておくことが大切です。